ロッパにおいて豚肉の歴史

豚肉は昔からヨーロッパの食卓で人気されていた食材である。多様なレシピで作り上げられて、そのレシピも段々と改造されていた。豚肉の主な長所はその作り易さである。ヨーロッパ人がその高級の味や栄養豊富、またはヨーロッパ連合の厳しい製造規準によって確保された高い品質などをよく評価している。

豚は紀元前5000年ごろにも家畜されていて、一番古くから飼育されていた動物の一種族である。豚の環境への適応性及びその雑食性のおかげで、人間には牛の前に豚の家畜ができるようになった。考古学の発掘調査によると、豚肉はヨーロッパ地域で、特に現在のポーランドの地域で4000年前にも使用されていたと分かる。
中世のヨーロッパでは勿論様々な鹿肉の種類が人気になったが、食べられたお肉の殆どが飼育動物からであった。特に豚が牛に比べて飼い易くて、かつその餌も安かったので、豚肉は人気を集めていた。だが、その時、子豚が高級の食材として扱われていたというのは不思議ではなかろうか。お肉が植物製品に比べると高かったので、中世のヨーロッパ人の食卓では一般的にポリッジやパンなどの穀物製品、または豆果及び庶民のダイエットには重要な栄養源であった野菜もよく現れた。
豚肉は高級の味及びその栄養性により高く評価されていた。興味深い事実だが、18世紀のポーランドではもう豚にできるだけよい状況を確保して、速く肉量の増加ができるように飼い方を適応していたとのことである。例えば、牧場で飼うと、豚は2年間で体重が80-90キロとなったとのことである。
現在、豚肉は世界中お肉の種類の中で一番よく食べられるものの一つで、その消費量が段々増加している。特にヨーロッパ人が一番多くの豚肉を食べ、その中では最大の消費者がドイツ人、スペイン人、デンマーク人、ポーランド人及びオランダ人である。我らのキャンペーンのおかげで、今は日本及びカナダの方々もヨーロッパ人のように豚肉の愛好者に組み合わせることができる。召し上がってください。

ご存じですか

豚肉の長所は古代世界でも一般的に認められていた。古代ローマの既知の最初の料理本『料理帖10巻(ラテン語で”De Re coquinarialibri Decem”)』の著者であるマルクス・ガウィウス・アピキウスはその本にソーセージのレシピ、または肉屋の職業についても述べた。


 

ヨーロッパにおける豚肉製造の規準

品質確保
ヨーロッパ連合は環境汚染を防ぎ、衛生を促進し、または食品や植物と動物の健康、及びその良い様子についての情報を普及することによって「農場から食卓まで」という政策に従い製造過程を全て含有する農業・食品チェーンにおいて製品安全性を保護するように努力している。
しかし、ヨーロッパ連合で製造されたお肉の特徴は最高級の味だけではなく、食品の安全性に関わる
厳しい規準もあります、植物、または動物の健康の保護、及び食品や動物の餌などの高い品質の確保
のために、食品チェーンにおいて義務として具体的な検査が行われている。
ヨーロッパの飼育者は自分の動物を世話して、その成長に必要なものを全て確保するように気を付けている。それはEUの動物の良い様子に関する政策に従い、その政策によると、動物が感覚のできる生物である。飼育者は動物の一番基本的な要求を確保しなければならない。それには、適応された給餌法、水供給、生活空間、治療、衛生、または飼育室の徴気象及びその点灯状況の保護とのことである。
肉製品の健康安全性を確保する要求は以下の法律によって実施されているヨーロッパ連合の管理システムに基づいている:
2006年8月25日施行の食品の安全性に関する法律
2002年1月28日施行の食品法の一般的規則及
び要求を決定し、欧州食品安全機関を設立し、または食品安全に関する規範を決定する欧州議会兼ね評議会の命令(178/2002号)
2004年4月29日施行の食製品の衛生に関する
欧州議会兼ね評議会の命令(852/2004号)
ヨーロッパにおける食品安全性の保護規範
GHP (Good Hygienic Practice) – 適正衛生規範
全ての製造及び販売過程で満たされ、管理すべき
衛生条件とそれに関わる行動を決定する。
GMP (Good Manufacturing Practice) – 適正製造規範
製造、包装、及び貯蔵の各過程では必要な規範、
場所の規準、または管理価値のセットである。
HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Point System) – 危害分析重要管理点システム
製造所では、法律、適正製造規範、または販売業
者及び消費者の要求に応じて食品の安全性を確保
しているシステムである。


 

レシピ

golabkiトマトソース付きのロールキャベツ

詰めの材料(約15個当たり)
挽いた肉500-750グラム(調味料が加わっていないまま)
白ご飯2パック
卵1個
ニンニク1かけ(大)
玉葱1個(中)
塩、胡椒
ピーマン粉
トマトソースの材料:
瓶詰のトマトピューレ1本(小)
塩、胡椒
その他:
キャベツ2個(大)
楊枝

作り方::
キャベツの葉を一枚ずつに分ける。大きな鍋でお湯を沸かす。お湯の中でキャベツの葉を湯がく。冷やしておく。ご飯を炊く。玉葱を細かく切って、油で炒める。大きなボールで挽いたお肉や前に炊いたご飯、炒めた玉葱、つぶしたニンニク、生卵(全体)及び調味料を(好みより)混ぜる。
キャベツの各葉の上に2匙の詰めを一杯載せて、その葉の縁をきちんと回して、楊枝を刺す。
ソースを作る。鍋に水を約0.5リットル注ぐ。煮る。トマトピューレを加える。
約2匙 調味料をいい加減に加える。1分煮る。蒸し鍋の中にロールキャベツを入れて、その上にソースの3分の1ぐらい注ぐ。オーブンにファンをつけて、180度で約45-60分焼く(オーブンによって時間が違う場合もある)。焼いた後でロールキャベツの上にソースを注ぐ。

焼いた豚肉と苺のサラダ

zeberka材料:
苺12個
ラディッキョ1個
ルッコラ100グラム
豚肉のテンダーロイン1つ
油1匙
ローズマリー1本
バージン・オリーブ・オイル3匙
シェリーの甘口ワイン3匙
白ワイン酢1匙
塩、挽き立ての黒胡椒

作り方:
テンダーロインから粘膜を剥いて、横に半分に切って、オリーブ・オイルを塗って、ローズマリー葉で巻いて、1時間ぐらい冷蔵庫に入れる。お肉に塩や胡椒などで味をつけて、桃色になるまで焼き網で両側を焼いて、板の上に置く。ラディッキョを部分に切り分け、ルッコラと大きなボールの中に入れる。ボールの中にシェリーワインとワイン酢を注ぎ、塩を加え、塩が溶けるように絶えずに混ぜながら段々とオリーブ・オイルを加え、均質なソースになるように混ぜる。
ボールの中に前もって洗って、軸の取り切って、4分に分けられた苺と1切れに切ったテンダーロインを加えて、好みによって胡椒で味をつけて、上にソースを注いで、よく混ぜた後でご馳走する。

TOP